自己紹介

昭和25年生、時計の再生修理を楽しんでいます。2012年4月、岡山市北区表町に引っ越してきました。私の時計との出会いを紹介します。  

 

2005年の秋、北九州のとある時計店でセイコーの機械式手巻き時計「クラウン」を買いました。久しぶりに機械式時計のチックタック音に聞き入り、なんともよい気分になりました。まもなく、そのご縁で一級技能士である店主に弟子入りし修理技術の習得が始まりました。私の時計修理の様子を修理記録でご紹介します。じっくり時間をかけて修理、オーバーホール(分解、洗浄、注油、組立、調整)をしています。

30年以上も引き出しで眠っていた学生時代の腕時計でも整備すれば性能は元気に復活します。動きだしてテンプ、アンクル、ガンギの元気な動き、心地よいチクタク音を聴く、いいいものです。

ゼンマイを巻きさえすれば元気に動き続ける機械式腕時計、また正確なクオーツ腕時計、メカ+エレキが融合した電磁テンプ式腕時計のメカニズム、いづれも魅力的です。また、明治、大正のゼンマイ式柱時計や昭和のトランジスタ柱時計もまた趣のことなる面白みがあります。コツコツと修理、再生していこうと思っています。

 

時計修理記録です。ぜひ、ご覧ください。

ホームに戻る

 

<自宅と連絡方法>

〒700-0822

岡山県岡山市北区表町3-14-1アークスクエア表町801

馬場 章吾

携帯:090-3413-6515

メール:baba shogo <sbaba50@kud.biglobe.ne.jp>

昼間は自宅近くの時計部屋で修理に専念しております。

ご連絡はホームページの連絡先からお願い致します。